• CC&Associates 桑田里絵

自分の裸は鏡に映して見る。それがいかに醜くても…

CA 桑田です。


今日は自分の裸はちゃんと鏡に映して見ようよ、というお話。





心の鎧を脱げ、とか

殻を破れ、とか

まだ扉が開いてない、とか

閉ざしてる、とか

壁作ってる、とか


いろいろ、いろいろ、言われるんですよね。



すると、ホントに自分はそんなに心を閉ざしてる人間なんかな?

という気になったりして…(笑)



しかしね、否定はしないです。


そんなに心を解放してるとも思ってないし、

それほど最優先に解放しないと…

とも思ってない。


自分の心に嘘をつかずに生きていきたいとは思っています。




そして、鎧を脱ぐと楽になりますよ〜

なんていう言葉もよく言われるんだけど、

自分のことぶちまけて、

自分は楽になりました。

って、何が目的なの?って思う。



私も楽になりたいとは思うけど、それは、


自分が鎧を脱いで

(楽になることによって)

心から人と寄り添えたりして、

人との付き合い方が変わったり、

周りに与える影響が変わったりする

ことで、自分もだけど周りにもいいことがある…


からよね?



心の鎧を脱いで自分を解放しました。

自己開示をどんどんします。

本当の私をわかってくれる人が増えて、

生きやすくなりました…



それ、あんたのことばっかやん?


これは…ちがうんじゃね?



て思うんだ。


ま、所構わず脱ぐのは勝手だけどね。

自分の裸を晒して、「見てみて〜」てのは

イタイ。ウザい。


それは、ちゃんと鏡を置いて、

そこに映してみるもんだよ。


きちんと鏡になってくれる人がいるからこそ

自分の裸の本当の姿がわかるんだ。


それがいかに醜くても、

見るに耐えなくても…






閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示