伝えたければ、出力の方法を見直そう




こんにちは、CAの桑田です。


昨日、息子が熱と頭痛と歯痛で学校を休みました。

母の体調も悪く、息子の世話を頼むと二次災害が起きそうだったので、わたしもお休みをいただくことに…



それか思いがけず、息子といろんな話をする機会となりました。




息子曰く、

「偏差値が20違うと話ができないそうだよ」


えー、これだけ聞くと、

デキスギ君の俺様発言か?

と思われるかもしれませんが、

彼は以前、偏差値40辺りを低迷し、

英語や数学のテストは20点台もザラという猛者でした(^_^;)



「ん?…そうなのか?」


「んじゃ、君は中学の頃、

先月の自分とは話しができない感じだったわけ?」



彼は、中学の秋頃、

猛然と勉強を始めて、最終的には偏差値60台になったことがあります。

(その後、私のダイエットと同じく、見事にリバウンドしてますが…笑)



「いや、そうじゃなくてさ、

なんか、表現の元になる世界が違うっていうか…

別の世界の人みたいになるわけ」



ふーん、

まあ何となく感じはわかる気がします。


でもそれは、偏差値どうのというだけじゃなくて、「出力の仕方」が違う、ということでしょう。



女性はよく擬音語を使いますよね。


「バーっとやって、

ガーっと走って、

グワーってなったわー」


???



私はこの話をされても、

「あー、何となく言いたいことわかるよ」

と思いますけど、


ある男性は、

「お前の言ってること、全くわかんね。

それで人にわかると思ってんの?」

となります。


彼なら

「急いで準備して、

必死で走っていったら、

すごく疲れたよ」

と言うかもしれません。



つまり、この二人は、

同じことを話すにしても、

出力の方法か違うだけです。



これを全く価値観が違うと決めてしまうと危ない。


あの人とは話にならない、となる。


さっきの偏差値云々の話も、

総じて、偏差値が低いと言われる人は、

テストというものへの出力の仕方を知らなかったり、語彙の種類か少なかったりするだけで、

価値観が違うとか、価値があるかないかの判断基準にはならないと思うのです。



だから、学力という一軸で人を見てしまうと、本人もそれを自分の価値だと思いこんでしまう危うさがある。



奇しくも今朝、超エリート街道を歩んできた明石市長の暴言事件がありました。


あの市長さんも、市民のためなのに、何をモタモタしたんだ!っていう熱い思いがあったんだと思います。



でも、出力を間違えた。




どう出力するか?

どれくらいするか?


そういう意識が持てて、

コントロールすることで、どんな人とも向き合うことができる。



当たり前だけど、

なかなか手強いことです。




------------

●キャリコン、カウンセラー、講師を志す方へ

CAで共に研鑽しお仕事につなげませんか?

→入会案内はこちら

https://www.ca-career.com/join-us



●「集合知性を高めてチーム力アップ!Points of You®企業向け体験会」のご案内(2/24 sun)


社員の能力を2倍にアップ!?

簡単で世界的企業も採用しているコーチングゲーム

ぜひご体験ください。

https://www.ca-career.com/events-1/shugochiseiwotakametechimuryokuappu-points-of-you-r-kigyomuketaikenkai



◆個人カウンセリング受付中 ※Points of You®個人セッションの申込もこちらから↓↓↓

https://ws.formzu.net/dist/S25394339/


◆企業研修

●新入社員研修の受付開始しました

●【定着にイチオシ】キャリアドック+研修

 まずはお話をうかがわせてください↓↓↓

https://ws.formzu.net/dist/S25394339/


0回の閲覧
Contact

​E-mail:rkwt@ca-career.com

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • CC&Associates FB Page
  • ameba_edited

© 2020 Allright reserved by CC&Associates

●プライバシーポリシー●

個人情報の重要性を認識し、個人情報保護が社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の取得・利用・管理を適正に行います。